ママ・パパへ

ー子供の未来を考えるあなたへー

子供たちが将来大人になる頃、どんな世の中になっているのかな?
と、時々考えることがあります。

自分たちの時代よりは、複雑な時代をいきていくんだろうなーっと、ぼんやりしたことしかわかりません。
みんながスマホを持ってる世の中なんて想像できなかったように、子供たちにどんな世界が待ち構えているかはわかりません。

どんな世界が待っているかは分からないけど、子供たちに「将来を切り開く力」を身につけて欲しい。
そんな思いをみんな持っているからこそ、習い事に通わせていると思います。

強い子になって欲しいからスイミングに通う。
グローバルな社会を生きるために英会話教室に通う。

他にも具体的なメリットは分からなくても、「子供のためになりそう」という思いは共通していると思います。

そんな思いから、今注目されているのが「プログラミング」です。

「プログラミングをする」とはいったいどういうことでしょうか?
簡単にいえば、「パソコンに命令して、自分の考えた動きをさせる」ということです。

自分でプログラムを組み立て、思い通りに動かすというのは、「創作活動」です。
そしてこの「アイデア」の実現は、何となくではできません。

自分のアイデアを形にするためには、「論理的な思考能力」が不可欠です。

どんなモノを作ろうかな?=「表現・想像力」
どういった手順でできるかな?=「論理的思考能力」
さあ作ろう!=「実行力」

「表現・想像力」×「論理的思考能力」×「実行力」
これがプログラミングによって身に付く力です。

これからどんどん今まである仕事がAI(人工知能)に取って代わられます。
単純な仕事は失われ、生き残れるのは、よりクリエイティブな仕事です。
プログラミングを学ぶことで想像力を高めて、それを実現する力を身につける。
これが、「将来を切り開く力」になると思っています。